2017-09-08

日の出と月

Pocket

 日の出がだんだん東に振りはじめる

冬が終わりを告げる。

海から昇る朝日を見る

ふと後ろを見る

満月が山の上に。

誰一人いない夜明け前を味わう。

 

どうして一人海に寄り添うのか

自分の心に問うてみた。

 

人ごみの中にいると自分を見失うから

一人海にたたずむ

人ごみの中にいると息苦しくなるから

一人海に入る

人ごみの中にいるとしょっぱい涙が出るから

一人海を見つめる

強い信念を持ち

まっすぐ まっすぐ まっすぐ

前を向く

当たり前の真実が一番むつかしい俺

仮想現実

仮想恋愛

仮想通貨

どんどん本物が薄れていく

どうせ物のすべては脳が考えてるから

すべては仮想じゃないか?

ということは、

プログラム組んで

脳に電気的刺激を与えれば

満たされるのではないか。

そういう仮想世界がそこまで来てる。

 

指で水を触り

舌で味わい

胸いっぱいに

朝の透き通った空気を吸い込む

脳がクリアになる。

 

本物が目を覚まさせてくれる。

 

お前何やってんだ、

くそっ

 

本当に

やりたいことやろう

信念貫こうじゃないか

真っ白になろうじゃないか。

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »