2019-05-06

速い潮、大きなうねり、水面まで6mの高い釣り場。この条件で使えるルアーとは?

Pocket

 ルアーを眺める。

形状、厚み、重さ、浮力のバランス、

アイの位置、リップの大きさや角度、

デフォルトのフックやリングのサイズ、

カラー

 

朝の一時間釣行に持っていくルアーは

ima komomo145counter

10本

毎回すべてのルアーをキャストする。

 

海の状況は刻々と変わる。

細かく観察すると3分、いや1分、

ルアーを交換してる間にも変わる。

その一瞬の海の状況に一番合ったルアーを

セレクトできると

釣れる確率がぐっと上がる。

 

ルアーがきっちり泳がなければ魚はほぼ釣れない。

 

繊細なルアーは

ロッド、ライン、スナップ、リグ、結束、

道具全体のバランスが合ってくると

飛距離が格段に上がり

アングラーの思い通りに水中で動かすことができる。

 

週2回以上釣りに行けるならルアーのセレクトも

難しくないが

前回の釣行からひと月以上離れると

感覚が遠のくので難しい。

ちょっとコアな話になってきましたね

戻します。

 

悪天候などの海上、気象条件が悪いとき

使えるルアーはぐっと少なくなる。

 

私の場合。

140mm以上

28g以上

リップが長く角度がきつい

そういうルアーを選びます。

そして

実際に海で投げ

泳がせ

その動きから

ラインアイの位置をペンチでずらしたり

スプリットリングや、フックのサイズを変えたり

ラインアイにスプリットリングを付け

頭を重くさせて足元まできっちり潜るように

マイナーチューンを行います。

 

こんな感じに。。

アイマ komomo SF-145 counter

  • [全長]145mm
  • [重量]30g
  • [フック]#3ーー>太軸
  • [リング]#4ーー>#5

フックとリングの大きさをワンランク上げ、

または、フックを太い軸のものに変え重さを増やす。

このルアーはもともとアクション幅が大きいので

このマイナーチューンは大当たりだった。

 

こんな風にマイナーチューン

することによって

自分のホーム、いつもよくいく釣り場の

状況に特化したルアーが出来上がります。

 

チューンがうまくいって

魚が釣れるとほんとに楽しくなります。

もっともっと

ルアーフィッシングにハマっていきます。

 

ということで

悪天候時のおすすめルアーを紹介します。

ima komomo SF-145 counter


TACKLE HOUSE K-TEN
BLUE OCEAN SINKING WORKS

とにかく使いやすい基本性能

頑丈なボディー


カルティバST66#4

このフックはメーターオーバー掛かっても

伸ばされません


同じ#4でもこのスプリットリングは軸が太く

高強度、ウエイトを稼げる。


ノーマルのスプリットリングです。

 

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »