2018-06-02

Off Shore Jigging KINGFISH Part3/ オフショアジギングに行ってきました。パート3

Pocket

パート3

飛行機規定により

長さを2m以内に抑えるための

今回使用ロッドを選ぶ。

ロッドを低価格最強梱包の

PVC(ポリ塩化ビニール)パイプ

に挿入。

今回使用のPVCパイプは外径90mm。

3本入れると丁度

ピッタリ。

一個50円ほどのフタx2

車を洗うスポンジ(100円)をパイプより大きく切るx2

を用意して。

Strong packaging of rod airplane

これを両端に付けて、

粘着力の強い布テープで

グルグル巻きで止めて終了。

梱包してるのは、

当日の

出発3時間前。。。

速攻、そのまま車に荷物をのせて、

空港へ、

3時間ほどのフライトで

夜中の12時に現地着。

ゲートを出ると

真正面で友達が迎えてくれる。

半年ぶりに再開

お互いハグしあって

今回のスケジュールを

話し合いながら

Uberで

車を確保し

空港近くの宿にピットイン。

積もる話もあるのだが、

4時間ほど寝て、すぐに現地に出発する予定だ。

実は、今回、

新しい携帯電話を持って行ってんですが

帰宅後、

リスタートを繰り返すだけで

全く機能しなくなり

クラウドにも保存されておらず

撮った写真がすべてパー子

大泣き。。。

なので、画像は

少なくなってしまいます。。

スイマセン。。

あくる朝、レンタカーで

4時間ドライブし現地到着。

場所は、街から離れた山の中。。。

海が見えません。。。

何と個人所有の

ワイナリーの中にある一軒家。

見渡す限り

ブドウ畑。。

オーナーはめちゃ金持ちでしょうね~

その、オーナー曰く

5~6年に一度、

とてもいいブドウが収穫でき、

その年のワインが超うまくて

いい値段で売れる。

それで採算が取れるんだよ。

なんともうらやましい。。。。

 

オーナーがつぶやいた。

 

”いい魚を釣って

それを調理して

ワイナリーを眺めながら

そこで採れたブドウでできたワインで

乾杯してくれ”

って、

 

ワインをプレゼントしてくれた。

 

粋でしょ。

カッコよすぎるでしょ。

 

俺、

夢なのか

現実なのか

分からなくなってしまいましたよ。。

正気を取り戻すために

明日の釣行に備えて

仕掛け作り

だんだん現実味を帯びてきた。

セットアップ完了。

やっと

友達とビールで乾杯して

リラックス。

そしたら

またオーナーがやってきた。

 

”ジャグジー好き?”

”YES”

”俺んちおいでよ”

”YES”

ゴルフカートで

5分

おほ~

丘の上の高台に到着。

そこに家があって

なんと、海が見渡せる

ジャグジーがセットされてる。。

そのままボードショーツで

ジャグジーに

ドボン

そして

シャンパンで

乾杯。

そのまま記憶を

失う

ROCKY

でありました。

大丈夫なのか~

明日の釣行。。。

 

パート4へ続く

 

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

 

Off Shore Jigging KINGFISH / オフショアジギングに行ってきました。パート1

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »