2017-10-17

lure ima sasuke アイマルアーサスケのすべてを解説します。

Pocket

 アイマサスケシリーズ

(烈波)、(剛力)、(烈風)

と解説してきた最終章。

サスケのすべてを解説します。

ima sasuke シリーズ

戦歴を物語ってるサスケルアーたちです。

まだ紹介していないサスケルアーのスペックと

使い方のを説明していきます。

目が回りますよ。

sasuke SF-50

  • [全長]50mm
  • [重量]1.5g
  • [タイプ]フローティング
  • [レンジ]10〜40cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]SBL-55M#12
  • [推奨ライン]ナイロン,フロロ:2.5lb以下 PE:0.3号以下
  • [リング]オリジナル#1
  • [価格]1,350円 (税抜)
  • [誕生日]2014/2/10

sasuke SF-75

  • [全長]75mm
  • [重量]6g
  • [タイプ]フローティング
  • [レンジ]30〜80cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]ST-46 #10
  • [リング]オリジナル#2
  • [価格]1,450円 (税抜)
  • [誕生日]2015/2/10

sasuke SS-75

  • [全長]75mm
  • [重量]7g
  • [タイプ]シンキング
  • [レンジ]40〜90cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]ST-46 #10
  • [リング]オリジナル#2
  • [価格]1,450円 (税抜)
  • [誕生日]2015/4/10

マニアックな所から言いますと誕生日が皆10日。

関係ないか。。。。

基本サスケはすべてソルトルアーですが

私は、この3っは、AUSTRALIAN BASSに結構使っています。

飛行姿勢がいいのでピン打ちにもってこいで

小さなシルエットとアピール力のある動き、

トゥイッチも絶妙。

ASUTRALIAN BASSにすごく効きます!!

もちろん、ソルトでもベイトが小さいとき

120mmではアタリが小さくなかなかフッキングしない時に

頻繁に使っています。

自分の中では、もうベイトを食べ終わった魚に

この半口サイズのルアーを

食後のデザートとして食べてもらおうと

言う思いで使っています。

魚は結構デザート好きですよ(笑)

 

次は、少しサイズアップして95mm。

小規模河川の河口や、橋脚周り、港湾でメインで使えるサイズです。

sasuke SF-95

  • [全長]95mm
  • [重量]8g
  • [タイプ]フローティング
  • [レンジ]10〜60cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]ST-46 #6
  • [リング]オリジナル#3
  • [価格]1,700円 (税抜)
  • [誕生日]2001/11/15

sasuke SS-95

  • [全長]95mm
  • [重量]10g
  • [タイプ]シンキング
  • [レンジ]30〜60cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]ST-46 #6
  • [リング]オリジナル#3
  • [価格]1,700円 (税抜)
  • [誕生日]2001/11/15

フローティングのSF-95は、8gながら思ったより飛びます。

あまり太いリーダーはマッチせず、

私は、20lbまでをセットアップしています。

SS-95は、タングステンウエイトを搭載した10g。

これはよく飛びます。

私は、この2本を持って

小規模河川をピン打ちしながらランガンする。

SF-95とSS-95を頻繁に交換し、

表層と中層を交互に探り

魚がスレないようにし、数釣りを楽しんでいます。

 

次に、変わり種(烈砂)

上にupしている写真の上から3番目

体高のある太っちょルアー。

形が全くサスケではないルアー。

30gという重さ。

sasuke 100HS 裂砂

  • [全長]100mm
  • [重量]30g
  • [タイプ]ヘビーシンキング
  • [レンジ]100〜120cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]ST-46#3
  • [リング]オリジナル #3
  • [価格]1,850円 (税抜)
  • [誕生日]2015/10/10

なぜにサスケシリーズなのか?

とりあえず信頼のサスケシリーズだから

買ってみよう的な、

SHIMANO(熱砂)と間違って買っちまった、

見たいな販売戦略が見えるルアー。

そんなわけないか~。

詮索はこの辺にして、

テール重心の30g。

抜群に飛びます。

30gのシンキング、FATBODYということで

水の抵抗がかなりあります。

ロッドスペックのルアーウエイトに注意してください。

メーカー、ロッドの種類にもよりますが

MLでギリギリ、Mの方が安心して使うことができます。

着水音はかなり大きいので静かな場所では

気になります。

大きな着水音で集魚効果も考えられますが、

私は、フェザリングというテクニックで

音を小さくしています。

着水直前、リールのスプールエッジに軽く人差し指を添え

ラインの放出にブレーキをかけ、

ルアーを水面に置きに行く感じで

速度をプラスマイナスゼロ状態になるように

スピードを殺します。

(このテクニックは、横風の強い日や、ラインスラッグを出したくない時にも使います。)

練習すると飛距離を制御できるようになり

橋脚すれすれを狙うときに

ルアーをコンクリートにぶつけて壊さなくなります。

横道にそれてしまいました。。。。

続きです。

重いのでそれなりのスピードで引かなければ

アクションしません。

ただし、早巻するとぶるぶる感は結構あります。

これはハングリーな魚を誘えます。

ジグやバイブレーションのように

フリーフォール&シャクリ上げ(ジャーク)

もできます。

フォール姿勢が悪いのがたまに傷ですが。。。

私が、下手すぎるから、なかなか思うように使えないだけです。。

良いところをお伝えできるように

修業を積んでまたインプレッションしますね。

 

最後に丁度一口サイズの105mmを紹介します。

sasuke 105

  • [全長]105mm
  • [重量]13g
  • [タイプ]フローティング
  • [レンジ]50〜80cm
  • [アクション]ウォブンロール
  • [フック]ST-46 #4
  • [リング]オリジナル#3
  • [価格]2,000円 (税抜)
  • [誕生日]2009/11/30

だれだ~

隙間産業のサイズだってゆってるやつ~。。。

スローで引くとピッチの速いウォブンロール

で程よい感じのアピール。

パクっと一飲みできるサイズなので

口の中にがっつり掛かることが多く

魚をばらしにくい、HITしたら

ほぼ確実にランディングできる。

使い勝手の良いルアーです。

 

これで、アイマサスケシリーズ全機種網羅しました。

お疲れさまでした。

 

 

サスケを一本買ってみようと思ったら、

迷ったら、

ima sasuke 120 (烈波)

をまず買って使ってみてください。


こいつは本当にいいルアーです。

これを基軸に、

あなたの通うフィールドに合った

サスケを買い足していけばよいかと思います。

本日は、長文に付き合っていただき

ありがとうございました。

 

参考になったと思ったら

下のランキングをクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

 

サスケシリーズ解説しています。こちらもあわせてどうぞ。

lure ima sasuke アイマルアーサスケ(烈波)解説します。

lure ima sasuke アイマルアーサスケ(剛力)大物対応を解説します。

lure ima sasuke アイマルアーサスケ(烈風)シンキングモデルを解説します。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »