2017-11-21

Light Shore Jigging movie/ ライトショアジギング 釣行編 動画

Pocket

 南風が強く吹き、若干気温が下がり

水温も下がる。今年は、なかなか水温が安定しません。

足元や、いつもベイトが溜まるコーナーには

小魚はいません。

ただ、全体的に見回すと生命感はある。

温度差の少ない

沖の深みに集まっているのかもしれません。

昨日、魚をランディングした時、

口から8cmほどの魚を吐き出した。

体高がある銀色の薄いボディー、

表層では、この魚を確認できなかったので

HITした潮のヨレ、中層~底近くでグループを

をつくっていると想像する。

ルアーを丸いミノーから

薄いジグに変更する。

沖にキャストし

ロッドを立てて

糸ふけを南風に乗せて

リトリーブラインに弧を描かせる。

そうすることによって

潮道の最大面積を引くことができる。

沖からしゃくってくると、

引き抵抗の違いで潮のヨレに差しかたったのがわかる。

ここで一瞬水平フォールさせ また、

リズムを作ってしゃくりはじめる。

コン!

タッチした

ゴゴン!!

HIT!

やはり、低層にいた。

ランディング。

最近のビッグアイトレバリーは

丸々太ってる。

餌をかなり食ってると思われるが、

表層をざわつかせない。

底にベイトが溜まり

中低層で大宴会が行われてるのか。

同じパターンで

もう一丁ゲット。

美しい朝焼けとともにどうぞ。

 

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »