2017-11-15

ima Rocket Bait 95 impression /アイマ ロケットベイト95 解説します。

Pocket

 釣り人口の多い都会の釣り場。

遠征してまでも釣りに行く地方の有名釣り場。

毎日ルアーをキャストされ、

魚の警戒心はとても強い。

 

昔と違い、

いくら有名スポットと言えども

そう簡単には釣らせてはくれないのが現実である。

 

そのために感度の高い繊細なティップ、

遠投性、長時間の釣りに耐えうる軽量化RODが開発され、

軽く小さく、ラインローラ性能が高い高感度リールが開発される。

 

昨今の日本におけるNEWルアーを

見てみると、

2つのキーワードが浮かび上がる。

 

1つは、「ぶっ飛び」飛距離。

2つ目は「タイトなアクション」地味なアクション。

 

これは、まぎれもなく

既存のルアーが届かなかったエリア攻略と

スレた魚を狙うために開発されている。

もちろん派手な動きのルアーで全く食わないわけではないが

警戒されやすく見切られやすい。

 

私は、昔のルアーを大切に保存している。

一本しかないものは使わないが2本以上あるものは

たまに使うことがある。

いつも感じることは

昔のソルトルアーは動きがド派手だった。

魚がルアーにスレてなかったのだと感じる。

 

古いルアーをキャストする。

アクションがラインを通して手に伝わり

その振動が脳を刺激し

過去がよみがえる。

不思議なことに特に夜間にこの感覚は

研ぎ澄まされる。

いつ、どこで何を釣ったのか、

どんなシチュエーションだったのか

鮮明に思い出す。時にはノスタルジックに

スローモーションで頭の中の映画館で上映される。

一瞬で当時にフラッシュバックする。

ルアーフィッシングの

面白いところである。

ちょっと話がずれ始めてしまいました。

いつものことですか?

スイマセン。。。。。

 

まずはロケットベイトのスペックから

95がオリジナルです。

ima Rocket Bait 95
アイマ ロケットベイト 95解説します。

Rocket Bait 95

  • [全長]95mm
  • [重量]22g
  • [タイプ]シンキング
  • [レンジ]5〜100cm
  • [アクション]タイトローリング
  • [フック]フロント #6/リア #4
  • [リング]#3
  • [価格]1,850円 (税抜)
  • [誕生日]2015/10/25

Rocket Bait 95 Heavy

  • [全長]95mm
  • [重量]30g
  • [タイプ]シンキング
  • [レンジ]20〜200cm
  • [アクション]タイトローリング
  • [フック]フロント #6/リア #4
  • [リング]#3
  • [価格]1,900円 (税抜)
  • [誕生日]2016/11/10

Rocket Bait 75

  • [全長]75mm
  • [重量]13g
  • [タイプ]シンキング
  • [レンジ]5〜40cm
  • [アクション]微弱タイトローリング
  • [フック]#10
  • [リング]#2
  • [価格]1,500円 (税抜)
  • [誕生日]2017/5/20

キャッチコピーは

【驚異のディスタンスで未開のシャローを切り開く!】

飛距離だけを求めるのならばメタルジグやジグミノーがあるが、

この両者は、スローリトリーブでは、泳がない。

また、シャロ―では沈下速度が速すぎて使えない。

そこで考え出されたのが

ジグミノーにリップを付けるというかつてないタイプのプラグ。

その結果、驚異の飛距離と

シャロ―帯をスローリトリーブできる

RocketBaitルアーが誕生したのである。

 

このルアーで

いまだ誰もミノールアーをキャストしていないエリアまで

遠投し、スレていない魚をゲットし、

デッドリトリーブしてハイプレッシャーエリアで

スレまくった魚を

HITさせてください!

 

タイトローリングアクションで

スレにくいです。

先日、

某有名ポイントで

ハイプレッシャーの中、ルアーBOXの

ほとんどの一軍ルアーに反応を示さなかった魚が

RocketBaitルアーに反応し、

同じポイントでTAILORを

20匹連続HITさせました。

特殊なリップのおかげで

早引き、テゥイッチしても水面を割りません。

おすすめです!

 

アムズデザイン(ima) Rocket Bait(ロケットベイト) S 75mm #RB75-002 チャートバックパール【あす楽対応】

価格:1,377円
(2017/11/14 16:10時点)
感想(0件)

フック交換時注意してください。

フロントフックとリアフックのサイズが違います。

フロント #6/リア #4

デフォルトは、リアフックの方が大きいです。

2つとも同じにするとさらに小さな動きになります。

あなたの釣り場に合わせて

チューンするのも面白いです。

 

なかなか面白いルアーだなと思われた方は

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »