2018-09-01

はやく人間になりた~い/I want to be a human being?

Pocket

 今年、

妖怪人間ベム50周年記念

のようです。。

知らなかった。。。

 

子供のころ

TVで再放送を見てたのです。。。

何といっても

衝撃だったのは

オープニング。

夜、研究所の実験室

科学者が悪のはびこるこの世に嘆き

新しい創造主?を創ろうと研究を重ねていた。

ある夜

実験から生み出した細胞が

分裂し生まれた

生物。

確か

”それはいつ生まれたのかわからない

暗い音のない世界で一つの細胞が分かれて増えていき

3ッの生き物が生まれた

彼らはもちろん人間ではない

また動物でもない。

だがその見にくい体の中には正義の血が隠されているのだ、

その生き物は

それは

人間になれなかった

妖怪人間である。”

当時

よく、妖怪人間ごっこをしてた。

このオープニングのセリフは

男の子ならだれでも空で言えた。

いまも空で言えるほど

脳裏に焼き付いた。

 

現在、遺伝子工学で

クローン人間をつくれるようになり

毎日TVで流れるNEWSの中で

人が人を傷つけ、だまし、殺意が生まれる

このアニメは現実的なものとなった。

 

人を疑い、損得勘定で世の中が回り

自然を金に換え地球を汚染し続ける人

何も変わらない

この物語の主人公

妖怪人間は

人間に忍び寄る悪と戦い

人間を守り戦ってきた

そうすることで人間と分かりあい

そして人間になれるのだと信じて

旅を続けてきた。

 

そんな心の優しい妖怪人間たちは

最終回

人間に殺されてしまう。

 

強烈なエンディングを子供たちに見せた。

 

このアニメに登場する

人間の顔はどこか怖く

みんな人間離れしていた。

そこに作者の意図を見てとれる。

 

今、こう解釈してみた。

みんなが頭の中で描いている

理想を

人間というのだろう。

 

ときどき

ああ はやく人間になりたいと

つぶやくことがある。

どんな人にも

善と悪があり

陰と陽があり

光と影がある。

 

釣りをしてると

自然の中にいると

自分が汚れてることを

きづかせてくれる。

 

そもそも

生きとし生けるものすべて

アスファルトの割れ目に生える雑草、

山も海も空気さえも

理想を追い求めているのだろう

それが進化を押し進め

ある期間を過ぎると

退化していく

 

水,

流れると水色が良くなり

魚が活性し生き生きとする。

流れが止まるとゴミが集まり

色が悪くなり魚は死に

そしてその水は腐る。

 

Keep on moving

 

A.M3;00

ちょっと眠いけど

ルアーを投げに行きますか

Keep on moving

橋の下に到着

ルアーを用意してると

背後の暗闇から

ガサっと音がする

ああ、

昨日YOUTUBEで見た妖怪人間ベム

思い出してしまった

怖っ

ロッドを振る

”ガサガサ”

今度は左の林から

何か生命反応

こわ~

早めに帰ろう

 

最後の一投

シンキングルアーをキャスト

ボトムに着底

橋の上のオレンジ灯が水面を照らす

その灯が届かないぎりぎりのラインを

少しロッドを立てて

ボトムすれすれで

アップアンドダウンさせる

【ROCKY的シークエンス】

使用ルアー :ima B太

“このルアーはリフトさせると

ブルブルと波動を出し魚にその存在を気づかせる

そこからのフォールで食わせる”

流心からそれた辺りで

ロッドに違和感がでる

ん?

底の岩にルアーが当たったか?

聞き合わせを入れると

ググっ

魚だ

!!

魚が底へ底へ

へばりつこうとするような

抵抗を見せる

これは少しいいサイズのフラットヘッドの動きだ

ヨシ!

ロッドを立て気味にし

柔らかくポンピング

そっとするとあまり暴れない。

そのままあしもと5m辺りまで

持ち込んだ。

もう少しだ

ばっしゃバシャ!

来た来た

岸が近づくと慌てて

思いっきり首を左右に振って

抵抗してくる

ばっしゃバッシャ!

結構でかい音が

暗闇に響く

ヒヒヒ

アドレナリン!

ヒ~ヒヒヒ

手前の石の横を回して

ズルズルとランディング成功!

ima B-ta 

イヒヒヒヒ~

A.M3:30

暗闇で一人

にやけてる俺

誰かに見られたら

間違いなく

妖怪人間だわ

ヒ~

HIT ルアー

アイマ B 太

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »