2017-06-07

海砂利採取船についてどう思いますか?

Pocket

 今回のつぶやきは


偏った考えかもしれません


そういうことを前提に読んでください。


釣り話を期待されてる方は申し訳ないです。


今回は、スルーしてください。。。


俺のホームスポットであるツイードリバーの河口域


3月から海砂利採取船が日の出前から出動します。


もうかれこれ3か月。。。


船は、ロックウォール先端からほど近いところで作業します。


海底から海砂利を採っています。

 

gravel‐digging-ship

gravel‐digging-ship

高知に住んでるころ、瀬戸内海側での海砂利採取が法で禁止され、


愛媛の海砂利採取船が、わざわざ遥か、

四万十川河口にまで採取に来ていたのを思い出します。


どんだけ燃料使っも採算合うんだ。


高知県の法整備が遅れているんですね。

悲しい風景でした。


採取する時にいらないものを投棄するので


礫質と泥質の堆積物が海中に投棄されることになる。


結果として、海水が濁る

魚類のエラ呼吸が妨げられ悪い場合には死に至る、

死なないまでもその海域を危険と認知し回避するようになる。


海水の濁りは海域の透明度を低下させ、


植物プランクトンや海草類の光合成なども阻害することとなる。


また、

そうした「粒子状物質」は再び海底に沈むまでに長時間かかる。


濁りの実体である微粒子は周辺の海域に拡散する。


ゴールドコーストは、建設ラッシュでたくさんのコンクリートがいる。


たくさんの砂利がいるということです。


タダのものを採って売るのは一番儲かる。


これからもガンガン採ると予想されます。


生態系が、自然環境が侵される前に。。。



よろしくお願いします。

 

ありがとうござます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »