2017-08-17

アングラーズバイブル紹介します。

Pocket

 先日、

釣り入門という題の本を買いました。

目からうろこの本でした。

ページをめくるといきなり

釣りの名言集

私の大好きな世界的名薯といわれる

英国のアイザックウォルトン「釣り大全」

「釣りとは一種の芸術であり、

釣りをすることはまた一つの紳士道である。」

を紹介し、

釣りは、

精神的な崇高さが求められ、

釣り人自らが精神的成長を

育もうとするところに一つの面白さがあると説いてる。

一章では、

魚の形状識別能力と色識別能力。

頭部を解剖図解して松果体の位置を説明し、

目以外にも光感覚器があることを説明する。

二章では

魚の嗅覚、

人が水辺で手を洗うと皮膚から出るアミノ酸Lセリンが

水に溶けだし魚が警戒するという話。

ルアー

の章もあって

自然界のルアーチャンピオン

フィリピンのサンゴ礁に生息しているカエルアンコウの話。

進化の過程で背びれが変形して魚の形になり、

それを捕食しに来る魚を狩る。

人間のルアーの進化論も、

 

釣り名人、水産大学の先生や、漁業関係者

からいろいろ研究結果をいただき解説している。

漁業権と資源管理。なんかも載ってる。

最後に釣りを楽しむ一助になれば幸いである。

と締めくくってる。

すごい釣り入門でした。

どう考えても釣り入門者が読む本ではない?

けど、メチャメチャためになる本でした。

学者さんが釣りを始めようと思ったら

ここまで掘り下げて調べてから釣りするのかな~?

すごすぎる!

ルアーの色を変える意味はあるのか?

釣り糸は細い方が本当にいいのか?

など釣り人を悩ます疑問に答えていく。

きっとこの入門書、

役に立つと思います。

古書なら500円からありますので是非!

 

よろしくお願いします。

 

 

ありがとうございます。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »