2017-09-28

アキュレートツインドラグスピニングリール紹介します。

Pocket

 アキュレートは、

カリフォルニア州ロサンゼルスに本社があり、

航空機ジェットタービンなどの精密機械を作る会社です。

1990年に釣り部門が発足しました。

はじめに開発したのは、リールではなく

ランディング用のギャフでした。

軽くて性能が良いと瞬く間に有名になる。

続いて、リールの開発が始まり、

ハイテク航空宇宙関連部品開発のバックグラウンドを利用して

完璧なツインドラグリールを開発。

PlatinumTwinDrag®

Boss MagnumTwinDrag®

このドラグシステムでリール部門でも

一躍有名になりました。

ちなみに、サーフボード用のプレーナーも注文生産していて、

私も15年ほど前に購入しました。

そう思うとこの会社とは長い付き合いですが

リールに触れたのは、今年になってから。

オフショアジギングにBoss MagnumTwinDrag®を使ったのがはじまりです。

使ってみてすぐ分かることは、

いかにもアルミのかたまりから彫りだしたような圧倒的な存在感。

剛性。アルミの厚み!

ドラグ力。

糸巻量の多さ。

一発で信頼おけると確信しました。

ACCURATEの宣伝文句をお借りすると、

たとえばクロマグロは最大時速160kmに達するといわれます。

あなたのリールのラインが160km/hで、

しかも猛烈なトルクで引き出されることを想像してみてください。

ドラグが焼けたり、ギアが破損してラインブレイク、

といった経験をされ方もおられるかと思いますが、

ツインスピンではその心配が激減します。

とにかく丈夫なリールです。

結局のところ、大物用リールの必要条件は、

絹ごし豆腐のようななめらかさや、

ハイテクのかたまりのような先進性を越えて、

安心感ということになるのでしょう。

明日、

生涯に一度の大物があなたの竿に掛かるとして、

世界中のリールのうち、どれかひとつ選ぶとしたら。

アキュレートツインスピンは、そんな時にこそ頼りになるツールです。

どうですか、このうたい文句。

しびれますね。

全く媚びを売ってない外観も

逆に存在感を増幅させる。

そんな会社のスピニングリール。

 

まったく媚びを売ってないこの外観。

男らしいです!

あっ調べたらスピニングは日本のアマゾンに売ってなかったです。
ひ~。
媚び売ってない。

って、売ってないんか~い(笑)


よろしくお願いします。

ルアーランキング
ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »