2018-07-02

一軍先発ルアーたちが殿堂入り/ A-team lure the Hall of Fame

Pocket

A-team lure the hall of fame

数々のフィールドで、

数々の物語をつくり

数々の魚をHITさせてきた

3本のルアー。

本日、

職務を全うし殿堂入り決定。

私の殿堂入りルアーBOXで

疲れを癒してもうことにしました。

 

両サイドの塗装はほぼ剥げ落ち

スケルトン状態の傷だらけ

ひびが入り浸水。

それでもなぜか魚を連れてくる。

だからボロボロになっても使い倒す。

 

上2本は

ima sasuke(reppa)140


 

一番下は

ima sasuke(goriki)120


 

特に

sasuke 140は、2008年に出会って以来

50本は使ったと思います。

シーズンに合わせ

対象魚に合わせ

潮流やそのシチュエーションに合わせ

フックを変え、スプリットリングを変え

いろんなことをさせますが

泳ぎが崩れない。

水面下の情報を的確に伝えてくれる。

本当に基本性能がブレないルアーです。

 

下の(goriki)剛力120は、

水噛みが良く

海が荒れても、強風下でも

早潮でもちゃんと泳いでくれる。

だからハードなコンディションでの出番が多く

これまたボロボロになるまで使い倒す。

裏ROCKYで言うと

動きが派手なので、海が荒れてるときに

アピールさせての釣りが得意な剛力。

そのため、ハードコンディションで使うことが多く

岩に当てたり

釣れた魚を磯に上げて魚が暴れ

岩にガンガン当たったりで

ひびが入る。

その日はそのまま使う。

少し浸水してウエイトが上がると

派手な動きが制限され、

いい感じになったりする。

こんな経験から

ルアーのお腹に重りを張り付けたり。

前後違う番手のフックを装着したり

スプリットリングやフックの番手を上げて

ウエイトチューンしたり。

いろんな発想が生まれます。

こんなことができるのも基本性能が

高いルアーだからです。

ああ~!

ちょっと褒めすぎたか。。(笑)

 

もちろん
シマノ サイレントアサシン140F

DAIWA ショアラインシャイナーZ97f

タックルハウス K-TENブルーオーシャン140

ジャクソン アスリート14ss

なども基本性能抜群のルアーたちです。

 

遠投早巻テゥイッチマンだとバレバレの

ルアー選出ですな。。w

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »