2018-01-29

2017-HIT-Lure Trevally / 過去一年間のメッキHITルアー動向。

Pocket

 遅くなりました。

2017年、去年一年間のメッキHITルアーをまとめてみました。

全体的な感じとして、

2年前までとは、かなり違う結果となりました。

過去、5年間ずっと一軍、鉄板ルアーだった、

メッキだけでなくゴールドコーストで釣れるほぼすべての魚を

HITさせる、王道お守り的ルアー

Smith D-contact

が、

絶不調でした。。

ima sasuke剛力130.

KomomoⅡ90、

Daiwa ショアラインシャイナーZ120F、

97F、

Rapala XLAP120、

有名、実績、王道ルアーたちが、

一軍落してしまいました。

全く釣れなかったわけではないですが

HIT率が、悪かったです。

同じく、ポッパーも反応が少なかったように思います。

このルアーたちの共通点は、

アピール力があるということでしょうか。

動かし方も、

派手な連続トウイッチには

反応が薄かったように思います。

 

新しく一軍に上がったルアーは、

ima Rocket-Bait-95,

P-ce100,

sasuke SF-75,

PuGACHEVS COBRA60,

ichimatu -20/30g/40g,

GUN吉ー20g/30g/40g,

Seafalcon Dead Bait Metal Cast 20g/30g/40g,

cast jig 30g/40g/60g,

cast slim 60g,

Cultiva 激投 25g/40g/65g,

2017年のルアーの傾向は、

遠投、ボトムトレース,

シルエットの小さい

リップの小さいルアーが有効でした。

 

アクションも

表層、中層をスローでただ巻き

ボトムをねちねち、トントン。

 

旧1軍ルアーBOXも持っていき

試し続けるのですが、

一軍に復活することはありませんでした。

 

年間通して

魚の活性が悪かったってことは

ありえない。

 

この流れ、

どう解釈するべきか。

 

ベイトや魚の動きは、

9月,10月は例年の2か月遅れ、

明けの1月は、いきなり2か月はやい

という感じを持ちました。

 

ベイトの種類や大きさ,

シーズンが

ガラッと変わってきているのでしょうか。

 

AI人工知能が人間を超える日も

遠くないと言われているが、

魚の趣味嗜好は

そう簡単には解明できないでしょう。

魚は、個人情報登録しないし

ググったり、検索しませんから。

 

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »