2017-01-21

2016年振り返って、2017年どんな釣りしましょうか。。

Pocket

 去年の釣りを振り返りますと

プラグでの釣りがどんどん

大物狙い一筋になってきて

PEライン50lb、

ショックリーダー80lbなんてブットいことになって

トレブルフックなんかもサイズが1/0

リールもSHIMANO6000番が

小さく頼りなく感じたり。。。

大物を夢見て、これまた楽しいんですが、

50g前後のプラグを思いっきりキャストして、

テゥィッチやジャークしたり

80g前後のジグを投げたおし、

酷使し、

気が付けば

いつも使ってるリール、

どうも調子が悪くなってきました。

スプールにきれいにラインを巻けなくなってきて、

さらに、

ルアーを引き始めると

シュワシュワとうなりだしました。

夜の釣行なんかだと

周りが静かなので

このシュワシュワがうるさいのなんのって。。

完全にラインを通して

水中にこの音が伝わり魚に警戒心を抱かせてる。

オイルアップや、

グリスアップ、

自分でばらしてクリーニングしたりしましたが

どうにも修理できませんでした。

いろいろ

いい経験をさせてもらったリールなのでかわいいのですが、

そろそろ寿命。

だんだん触らなくなってきました。

懐事情もあってすぐにはリールは買えない。。。

 10月、

次に始めたのが

ミディアムヘビーのジギングロッドにSHIMANO4000番、

PE1.2号、

ショックリーダー20lb~40lbをセットしての

ライトショアジギングと、

このタックルでのプラッギング。

ラインを細くしたことによって、

潮流の速い時間、

以前の太いタックルでは60gのジグで

ボトムをとれなかったのに

今は40gで十分。

しかも空気抵抗も少ないので遠投も楽。

Kガイドの糸抜け感は抜群!

リールもロッドも軽いのでお手軽感半端なく、

楽しみハジメマシタ。

マサ子が来たらやばいですが、

中型青物なら、このタックルで十分でごぼう抜きです。

ただ、頻繁にラインチェックをするようにしてます。

 12月、オーストラリアンバスにはまりだし、

SHIMANO2500番に

PE0.4号、リーダー8lb

どんどんラインが細くなっていきました。

でかいリールを買うつもりで貯金してたのに

ベイトキャスティングロッドとベイトリール買ってしまい、

俺の釣り、

どの方向に行ってるねん?

と一瞬考えましたけど

この繊細な釣りも病みつきに!

暴風雨の土曜日の朝

釣りに行けず、

今の自分を振り返ってみました。

2017年

さあどうしましょ?

釣りって本当に面白い。

 

よろしくお願いします。

 

 

ありがとうございます。

関連記事

コメント1件

  • Shin より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    毎度でーす。僕も最近少しヘビーな釣りが調子悪くなってきて、仕事場所の関係でライトなエスチャリー フィッシングに平日の朝夕はまってまス!!!釣果は、トレバリー、コチ、エスチャリー コッド とボチボチで、最近おめかけのないジャックを、追いかけながら楽しんでいます。ホンマいっぺん一緒に行きましょ~~っ!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Translate »