2019-12-22

オーストラリアンバス活性が上がっています!/australian-bass active!

Pocket

australianbassgoldcoast

水温が安定し、

バスの産卵行動も終了。

トップウオータープラグで

狙える季節がやってきました。

日本で言うところの水産庁が

あちこちの池にバスの稚魚を放流している。

放流しているところは看板が立っているので

分かりやすいです。

バストーナメントも盛んです。

 

バスは水面にあるルアーを

水と一緒に勢いよく吸い込みます。

朝一、

静かな野池で

ボシュッツ!バッコーンと

捕食音が響きます。

とても興奮します。

釣り好きなら

この捕食音とリールのドラグ音

が永遠に録音されてるCD。

ヘビーローテ―ションしてるFM局

あったらいいのに

と思ったことあるはず!

 

小さなポッパールアー(6cmくらい)

を繊細なロッドで操り

ポッピングでポップ音を出し、

捕食音に似せてバスの活性を上げる。

スプラッシュを上げる。

ポップ音を消して

虫がもがくような動きをさせる。

そのまま放置、

ただ引きしてV字引き波を出させる。

ドッグウォーク、

ダイブ、

ステイ、

いろいろな動かし方があって

ルアーを操っているだけでも

すごく楽しい。

短く、軽いロッドで行うので

やりやすい。

バスで練習しておけば

GT,やヒラマサ用の20cm級の

ポッパーも同じこと。

捕食の瞬間や、いつフッキングをするのかも

バスで勉強できる。

はたまた、ヒラマサ用ポッパーを

泡をまとわせつつダイブさせる方法を

バスで使ったりもしています。

 

日本の海釣りプロも

もともとバストーナメントに出てた経歴の人が

たくさんいる。

繊細な釣りも大物釣りにつながり、

大物釣りも繊細な釣りにつながる。

釣りの面白いところですね。

所で、ポッパーは

魚が潜んでいるであろうピンポイントを狙うことも

多々ある。

移動距離を抑えるために

フックにフェザーを付け

抵抗を増やす。

set up feather hook

自分の好きな羽を付けたり、ステンシルを付けたり

自分のルアーを自分の好きなよう

改造し、

また新しい動きを見つけたりできる。

自分で手を加えたルアーで魚が釣れると

これまた

ひときわ楽しくなります。

私、ハマりまくっています。

今度、マグロルアーにもフェザーつけてみようかな。

上の写真で使ったポッパーは

Rapala Skitter pop 7cm / 7g ラパラ スキっター ポップ

ポッパーを使うとき、

強度が非常に高く、水に浮く性質のPEラインが一番使いやすいです。

もっと細いラインを選ばれる方もいますが10lbくらいがトラブルレスです。

いま一番安くて性能がいいのはこのPE!

これに、合わせるリーダーは、ヤマトヨテグス10lb

システムも組みやすく、耐摩耗に強く

コストパフォーマンスに優れています。

 

ロッドは、メジャークラフトスピードスタイル

張りがあってポッパーキャスティングに向いています。

話題のNANOカーボンでいまなら48%引き

すごいです!

 

セットするリールは

SHIMANO SAHARA 2500

必要十分の性能、コスパ抜群!

これもいまなら驚愕の32%引き!

 

この夏、バッサーになりませんか?

ランキングをクリック

よろしくお願いいたします。

ルアーランキング

ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »